メディア掲載
イベント
How-Dy 店長プロフィール
オーガニックワインについて
ハウディブログ
スタッフ募集

商品カテゴリ一覧 > 生産者で選ぶ > フランス生産者 > ドメーヌ・デ・パスキエ

Domaine des Pasquiers

フランスの南西端、地中海に面した風光明媚なエリア「プロヴァンス」。
海の恩恵による豊富な魚介や、オリーブオイルのきいた料理が印象的な土地。

そのプロヴァンスエリアの西端にあたる街、アヴィニョン。
そこから約40km北上していきます。
海からは次第に離れ、険しい山並みが遠くに見えてきます。
ちょうどサブレ村の入り口。
そこにワイナリーを構えるのが

Domaine des Pasquiers:ドメーヌ・デ・パスキエ です。

このワイナリーは、1935年にLambert家によって立ち上げられました。
現在の当主は、3代目に当たる兄:ジャン・クロード・ランベールと、
弟:フィリップ・ランベールが2人で運営しています。

彼らはそれぞれ役割分担は無く、2人とも同じ仕事が出来るので、
栽培・醸造ともに協力して行っています。

家族経営であるので、非常に小規模な造りです。
だからこそ目の行き届く造りができることもあり、
2年間で16個のメダルを獲得するなど、数多くのワインコンクールで
その品質を知らしめてきました。

まさに、「知られざる凄腕の造り手」でもあります。

その証拠に、かの有名なフランスの前大統領「サルコジ氏」も、
彼らのワインを気に入って買いつけていたほどなのですから。

そんな彼らのぶどう畑は、個性の違いがわかる各エリアに点在しています。
・GIGONDAS:ジゴンダス
・Côtes du Rhône Villages Sablet:サブレ
・Côtes du Rhône Villages Plan de Dieu:プランデデュー
・Côtes du Rhône:コートデュローヌ
・Vin de Pays de Vaucluse:ヴォークリューズ

合計約87ヘクタールの所有畑は、化学肥料や除草剤、防虫剤を入れていません。
これには、山に近いからこその自然の恩恵が寄与しています。

というのも、アルプス山脈からローヌ河谷を通り地中海へ吹き降ろす
”MISTRAL:ミストラル”という地方風があります。
このミストラルは時には風速60kmを超えるほどの強風で、まるで日本の台風のよう!
そして体感温度は、気温のマイナス6℃にもなるという異常な寒さなのです。

この風こそが
・葡萄につく害虫を吹き飛ばし、
・乾燥をもたらすことでブドウを病気から守り、
・暑くなり過ぎる畑を冷やす、
という、重要な役割を果たしているのです。
ですから冬場の剪定作業は、相当寒くて大変な作業なことは言うまでもありません。

こういった環境もあり、2010年から有機農業への転換を果たし、今に至ります。

彼らが栽培する葡萄はシラー、グルナッシュ、ムールヴェードル、サンソー、カリニャン。
特筆すべきは、樹齢が60年を超える古木もあるということ。
また、ヴァン・ド・ペイクラス用として、メルロー、マルスランも栽培し、ワインに多様性を持たせています。

彼らのワインは、シンプルな造り。
だけれども、健康な葡萄の力を最大限に活かし、それをワインに表現するための努力を惜しまない姿に、
おいしさの源泉を感じずにはいられません。


◆フランス国内ワインコンクール受賞歴多数(2年間で16個のメダル)
◆パーカーポイント90−93 ジゴンダス
◆「ルヴ・デュ・ヴァン・ド・フランス」でジゴンダス最高の3本に選ばれる

など、称賛を浴び続けています!