{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員
お電話はお気軽に 052-884-7663 (10:00〜20:00)

ぶどう栽培とはかけ離れた家庭環境から

2007年から始めた1970年生まれ。その名はグレゴリー・ルクレール。ロワールの中心Toursで生まれ、父は風景画家、母は会計士と、農業とはかけ離れた家庭に生まれました。

ワイン好きのジャーナリストが気がついたこと

パリで長い間ワイン関係のジャーナリストとして働き、ワインが好きでボルドーでCavistとしてワインの商いの世界に入りました。しかしそれは長く続きませんでした。何故なら憧れのボルドーでワインの仕事をしても、お客様の選ぶワインは味よりも銘柄、毎日飲むワインよりセラーに並べる値段の高い見栄えの良いワインばかり。

マスコミ業界からの転身、高校出の若者に交じっての猛勉強

色々悩んだけど、やはり自分でワインを造ろう!と故郷の近くのアンボワーズの醸造学校に入学し、一から農業を勉強しました。ちなみにこの学校はあのクリスチャン・ショサール氏、Thierry Puzelat氏等、沢山の優良醸造家を卒業させております。周りは高校を出たばかりの若者に混じっての勉強は、パリでの第一線のマスコミ風情とは違い、新たな気持ちになり、ボルドーのようなスノービックな目線でのワイン感とは関係のない目線でワインに再度取り組むことが出来るようになったのです。

はじめはたった1haのガメイから

学校を卒業後、その学校の近くの村、Chargeという所でラッキーにも畑を借りる事が出来たのが2006年。M.Jean-Francois MANGNEANT氏の持ち畑の中のたった1haだけですが、その畑のガメイを自分1人で仕込んだワイン。2005年まで無農薬でなかった畑なので色んな苦労はあったけど、そのたった1haから造ったワインを飲んで、「これなら続けていける」と確信をしました。

本格的に醸造家への道を歩み始める

そして2007年から本格的に銀行の融資を受け、Jean-Francoisに頼んで彼の畑、トータル6.5haを借り2007年から会社を立ち上げ、本格的に醸造家としての道を歩む事になりました。そのJean-Francois氏はグレゴリーに畑を貸したので、ワイン造りは辞め、その彼の醸造所をグレゴリーに売りました。その後2013年には自分の目の届く範囲で仕事をしたいとの思いから2.5haを売却しました。

立ち上げからの困難を乗り越えて

最終的に彼の畑はガメイ1ha強、グロロー1ha、コー1ha、ソーヴィニヨンブラン1ha、シュナンブラン0.3haの合計4.3ha強です。これでやっと彼のワインが造れる環境になりました。Wineryは立ち上げて3年は気力で持ちますが、それ以上はちゃんとしたインフラが整わないと無理が生じます。彼のワイン造りが雑になったのはその頃です。還元が強かったり、瓶詰めが乱暴になったり・・・それは確実にワインの味わいに出ました。が、今回試飲して思ったのは、彼自身がそれに気が付き反省し、新しい彼女と人生をやり直し始めた事が良い方向に行っていると感じました。ワインは結果が出るのは2年後、彼女と一緒になって3年、やっと今回からグレゴリーの良さが復活しました。
(輸入元談)

このワインの特徴は

グロローというロワール特有のぶどう100%で造られています。さほどタンニンは多くなく、若飲みやロゼに使われるなどが伝統的。
ところがこのワインは、樹齢70年の古木から収穫された凝縮感のあるグロローの良さを前面に出すように造られました。非常にバランスがよく、淡いルビーの外観からイチゴやラズベリー、麦わらの香りを感じます。瑞々しい赤系果実のアタックに、奥行きの深さを感じるピュアな味わいは、つるんとした滑らかな果実の波に乗り、アフターへスルスルと心地よく流れます。

父は風景画家、母は会計士。自身は元ジャーナリストと言う異色畑から見てきたからこそ、ブランド名に惑わされない、真にのみたいワインを造る! ドメーヌ・シャウ・エ・プロディージュ/クー ド カノン

商品番号 10748
  • ビオディナミ
  • 酸化防止剤 極少量
クール便でお届け
当店特別価格 ¥ 2,900 +税
当店の価格はすべて税抜表示です。
ご購入手続き時に別途消費税相当額を申し受けます。
実店舗と在庫を共有しておりますので、実際の在庫が変動する場合があります。
商品情報
赤・ミディアムボディ
品種 グロロー100%
生産者 ドメーヌ・シャウ・エ・プロディージュ
産地 フランス・ロワール
栽培方法 ビオディナミ
口部形状 コルク
容量 750ml