{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員
お問合せはお気軽に 052-884-7663 (10:00〜20:30)

最近人気の出てきた「スチューベン種」100%のグビグビ系♪

「スチューベン種」とは?
スチューベンsteubenは1947年にアメリカ・ニューヨーク農業試験場で生まれた交配種です。 ウェイン種Wayneとシュリダン種Sheridanを親に持ちます。 冷涼な気候や病気にも強い品種として、アメリカ北東部~中西部にかけて栽培されるようになりました。 コンコードに似ていると言われ、18度~20度にまでなるその高い糖度は巨峰と同程度の素晴らしい甘さです。

日本には1952年に初めて導入され、青森をはじめとした冷涼なエリアでの栽培が中心です。 皮は黒く、赤ワインになる事が多かったですが、近年はロゼにされる事も増えて来ました。

このワインの特徴は

トマトソースに完璧なマッチング! ぶどうジュースのような甘い香りから始まり、複雑な酸味もあり、 旨みとほろ苦さでスーッと伸びていきます。

情熱という名を冠してスタート

小林夫妻が2011年9月より始めたワイナリー
ドメーヌ・ショオの名は、名字の「小(ショウ)」から付けられています。
さらに、フランス語で「Chaud(ショオ)=熱い、情熱的な」という意味があり、お二人のワイン造りに対する想いが垣間見えます。

豊富な海外経験と微生物学博士号などによる確かな知識

2歳からアラブ首長国連邦(ドバイ)育ち。ご両親の旅行好きから、世界各地の食文化と酒文化に触れてきたという小林さん。
そうしたことから、いつしか「将来ワイナリーをやりたい」と思うように。
大学では生物資源学(農学)を学び、在学中にはなんと、1年間オーストラリアのワイナリーに住み込みバイト!
その後、院では地球環境科学を専攻し、微生物学を専門に生命共存科学で博士号を取得されたのだそうです。

コンセプトは1人1本飲めるワイン

「いつの間にこんなに飲んだのだろう?」と思うときは、だいたい心地よい場だったりするもの。
ショオのサイトにある言葉を借りるなら、
「飲みやすく、飲みあきない、ワインだけでも良い & 料理と合わせても良い。それは、香りは優しく気持ちよく、味については「ダシ感」を大切にしています。」
ワインに対する情熱と自然に対する敬意を持つ、ドメーヌ・ショオのワインをぜひゆったり楽しんで下さい。

トマトソースに完璧なマッチング! ドメーヌ・ショオ/グレグレグレープ

商品番号 11961
  • リュットレゾネ
  • 酸化防止剤 無添加
  • ラッピングOK
クール便でお届け
当店特別価格 ¥ 2,860 +税
・当店の価格はすべて税抜表示です。ご購入手続き時に別途消費税相当額を申し受けます。
・実店舗と在庫を共有しておりますので、実際の在庫が変動する場合があります。
・製品画像と実際にお届けする製品のヴィンテージやラベルデザインが異なることがあります。
※小さな造り手が多く入荷量やタイミングが限られる、事前予告なしでラベルデザインが変更される事が多々あるため。
ご理解の程お願い申し上げます。
商品情報
ロゼ・辛口
品種 スチューベン
栽培方法 リュットレゾネ
無濾過・無清澄
酸化防止剤無添加
生産者 ドメーヌ・ショオ
産地 日本・新潟県
口部形状 スクリューキャップ
容量 750ml

おすすめ商品

前へ
次へ

シーンで選ぶ