メディア掲載
イベント
How-Dy 店長プロフィール
オーガニックワインについて


ハウディブログ
ギフトとして贈りたい
  • facebook|How-Dy公式アカウント
  • instagram|How-Dy公式アカウント
  • twitter|How-Dy公式アカウント
  • LINE@|How-Dy公式アカウント

商品カテゴリ一覧 > 産国・地域で選ぶ > オーストリア > ハンス・モーザー ゲミシュターサッツ 2013

ハンス・モーザー ゲミシュターサッツ 2013
ハンス・モーザー ゲミシュターサッツ 2013
ハンス・モーザー ゲミシュターサッツ 2013

食前酒や前菜、軽い料理、特に和食や
魚介の塩焼きに抜群の相性。

青リンゴや柑橘系のすっきりきれる爽やかな青い味わい。
時間の経過とともに複雑な香りが楽しめます。
口の中でまるみ、すっきりとした酸味を感じ、
次に食べるものの味をいかしてくれます。

平均樹齢30〜40年の多種多様なブドウから滲み出るミネラル感を
より手軽な価格で楽しめる、真の掘り出し物のワイン。


**********************************

生産者 : ハンス・モーザー
産地  : オーストリア ブルゲンランド
栽培方法: 
品種  : グリューナーヴェルトリーナー約50%、
      その他−ヴァイスブルグンダー、シャルドネ、
      ミュラートゥルガウ、ゴルトブルク、ノイブルガー、
      フリューローター・ヴェルトリーナー、
      ヴェルシュリースリング、ムスカット・オットネール
      が少量ずつ
味   :  白 辛口

**********************************


ハンス・モーザー ゲミシュターサッツ 2013

商品番号 4828

当店特別価格2,600円(消費税込:2,808円)

当店の価格はすべて税抜表示です。
ご購入手続き時に別途消費税相当額を申し受けます。

実店舗と在庫を共有しておりますので、実際の在庫が変動する場合があります。

残りわずかです

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く
ハンス・モーザー

アイゼンベアク近くのStゲオルゲンの村近辺は、ライタベアクの南南東向き斜面が続く歴史的ワイン産地で、1400年代からStペーター修道院によりワイン造りが行われ、16世紀中頃までには付近の銘醸地が確立されています。ハンス・モーザーも1648年にはその名を記録される由緒ある家族経営のワイナリーで、ハンスの祖父の代までは伝統的ミックスト・カルチャーを踏襲し、父の代からワイン造りに専念します。グリューナー・ヴェルトリーナー種の片親:トラミーナーではない方の、かつて不明とされていたヴェルトリーナー・ウアレーベが発見された畑を所有し、クロスターノイブルク醸造研究所とともに、その苗木の栽培とワイン化を手掛けるユニークな一面も。今後は、娘のスザンナと息子のヨハネス(醸造学校を2014年に卒業)も加え、年産1万ケース程度の生産を見込んでいます。


ワイナリーについて

ライタ丘陵の南部~南東部の斜面にあるブドウ畑には、理想的な土壌と気候条件が揃っています。私達の理想とするワインは、この地でしか造ることができないワインのキャラクターや特徴を表現したワイン。1648年より続いているワイナリーには様々なワインの知識が継承されています。



ここでは、土壌の異なるタイプや微気候により、高品質の白ワイン、赤ワイン、甘口ワインを造ることができます。さらに、ブドウは四季の影響を受けフレーバーに溢れたワインになります。自然と調和し、気候や天候を考慮しつつ、適切な時期に適切な作業を畑の中で行うようにしているのです。



●歴史●
Stゲオルゲンはライタ丘陵の斜面にあり、テチス海の堆積物に囲まれています。このため、非常に特徴的で、化石が多く含まれた石灰岩に覆われて、海嶺の上は腐植土の層におおわれています。ライタ丘陵の山々には、力強い粘土の層が走っていて、その層は標高があがるごとに減っていきます。


原始の海の現在と堆積物を通して、ミネラルのストラクチャーは場所毎に変化しています。このマルチレイヤー土壌とパノニア気候にが、ブドウ栽培をより好ましいものにしてくれます。


もともと小規模の農業経営をしてきましたが、2世代前から威厳あるワイナリーに変わり高品質のハイクオリティワインだけを造るようになりました。




●醸造●
手摘みで収穫。移動は大きな箱を使って丁寧に運びます。運ばれたブドウはその後、アルコール発酵が行われます。

現在のワイン造りでは、ブドウに負担がかからないような工程で処理をすることが可能になっており、発酵やプレスの方法をそれぞれのブドウ品種やヴィンテージによって変えることもできます。


ドライアイスの小粒(マイナス70℃で二酸化炭素を凍らせたもの)と圧搾したものを冷やすことは、同時に酸化を防ぐ役割も果たしています。現代の圧搾機は、ブドウに負担のかからない状態で操作することができるようになっています。(最低圧力、機械ストレスや果皮や果汁の酸化もない。)


マストを清澄化すると共に、ステンレスタンク内の温度を年間を通じて調整しながら、アルコール発酵させます。赤ワインは、圧搾とマロラクティック発酵をする前に、温度調節されたセラーで約14-21日間アルコール発酵します。


白ワインは、発酵後ステンレスタンク内で約3カ月澱に触れさせます。2-3月にボトリング。シャルドネは秋。


赤ワインはブドウ品種にもよるのですが、おおよそ2000Lの木製の大樽に入れて熟成させる、あるいは1-1年半の間オークの樽で熟成させます。